講義

2023年度の講義が終わりました。学生さんたちの評価です。
   2023年度の講義が終わりました。学生さんたちの私の講義に対する評価を頂きました。紹介します。
 学部長職にあるため、同僚の教育学科の先生方の御配慮により今年度後期科目は「演習(ゼミ)」と「教育史2」「基礎演習2B」でした。ここでは講義科目「教育史2」の受講学生の感想を紹介します。学生諸君からもらった評価です。
 私が担当する前期(4月~7月)「教育史1」では江戸時代から1945年敗戦までの日本の学校・教育と社会の変遷を辿ります。「教育史2」では、敗戦から戦後教育改革、日本国憲法・1947年教育基本法成立の歴史的・教育史的意義を、成立過程にまで立ち入って詳細に講義しました。
 今年度の講義に対する私の課題意識は、ある意味「危機の時代」にある中で歴史の中から教訓・未来の展望を引き出したいという思いで講義に臨み、内容を組み立てました。
 以下年度末の、恒例となった「学生諸君による講義の評価」を紹介します。
 教育学科4年・Kさん。「1年間を通して先生の教育史を受講させて頂きました。学ぶことが多く、大学に入って初めてこんなに真剣に講義に集中することができました。本当に学ぶことが楽しい、もっと聴きたいと思い、大学4年間の講義の最後が荒井先生の講義で良かったと本当に思えました。今の日本国憲法・教育について知ることができ、これから生きていく自分自身、そしていつか生まれるであろう自分の子どもについても大切なことで、日本の未来について考えさせられる内容だったと断言できます。今までの日本の歴史についてよく理解をしていて、それを踏まえた上で日本のこれからを考えられるような荒井先生のような人に日本をまかせたい、私たち国民の代表になってほしい、と思いました。この講義で私は日本の教育史について学びながら、日本のこれからの未来のことを考えることができました。私の学生人生最後で荒井先生の講義を受講できて本当に良かったです。1年間本当にありがとうございました。」
 ☞(荒井からひとこと)私が政治家に転身するには年を取りすぎています。立派な政治家を選出し、厳しく政治をチェックできる国民の教養が必要です。
 教育学科4年・Tさん。「教員採用試験の時には暗記だけになってしまった教育基本法や憲法の文言が内容としてはっきりみえた。日本国憲法第26条の教育を受ける権利が基本的人権の中で位置付けられたということが、日本の教育の形を大きく変えてくれたと考える。なぜかというとかつての臣民としての国民と天皇の関係性が転換され、権利として保障されていなかったらとても怖い。子どもにとって、この第26条は、現代と将来の二重の意味で保障されるべきである性格をもつと聞き、来年度から教員になる身として責任をもって取り組まないといけないと強く自覚できた。教育史1からの毎回の授業で貴重なお話しをありがとうございました。いつもこの授業を楽しみにしていました。終わってしまうのがとても寂しいです。本当にありがとうございました。」
 政治学科4年・Iさん。「私は政治学科に在籍しているのでここまでじっくり教育の歴史にフォーカスした授業を殆ど受けてきませんでした。しかし1年を終えて思うのは、『この講義に関しては教育学科の学生のみならず教師を希望する学生全員に是非受けてもらいたい』ということです。教育のもつ力、国は、教師はどうあるべきなのか、教育に関する様々なものを学べ、自分はどうありたいかを考えるきっかけとなりました。1年間ありがとうございました。」
 厳しい批判があってもよいし、それは次年度のためほしい、と私が要望しても大凡は上のとおり極めて厚意的な感想でした。今年度もなんとか合格点はもらえたと思っています。
2024年の年頭に思う

新しい年を迎えました。HPでお世話になっている皆様にとって、今年がよい年となることを祈念しております。

本来「新年おめでとう」と書きたいところですが、新年の幕開け早々から大震災と大事故に見舞われました。被災された方々には心からお見舞い申し上げます。 世界を見渡す時、残念ながら紛争という名の戦争が絶えません。一昨年のロシアによるウクライナに対する、昨年はイスラエルによるガザ地区に対する、それぞれの大規模な軍事攻撃が起こってしまいました。私たちの無力を嘲笑うかのような攻撃が続き、幼い生命が連日奪われてしまった時、私たちは何をすべきかを考えさせられます。
私は、今こそ私たち自身の「足元の力」を育てるべきであると思います。「足元の力」とは、私たちの微力な民主主義を育てることです。日本は一見すると民主主義国家であるかのように思えます。しかしそれは間違いです。この国の民主主義は脆弱です。各種選挙での投票率しかり。安倍政権時代の「モリ・カケ」問題しかり。派閥によるパーティー券による裏金作りしかり。
では民主主義を育てるために何が必要か。教育がとても大切です。競争のための教育ではなく、子どもたちを、それぞれのもつ個性を大切に育てていく主体性を育てる教育です。そこでは「自分の言葉」を大切にすることだと考えます。
言葉を育てることを通じて人・子ともたちを育てること、このことが今大切になっていると思っています。
故加藤周一氏は、1968年のソビエト軍のチェコ・ハンガリー・ポーランド等への侵略に対し「1968年の夏、小雨に濡れたプラハの街頭に相対していたのは、圧倒的で無力な戦車と、無力で圧倒的な言葉であった」と述べています。戦車を無力化する圧倒的な言葉を我々はもつ必要があります。
そのためにも、私自身も微力ながら教育に尽力したいと決意する年頭です。本年もどうぞよろしくお願い致します。

10年ぶりのゼミ合宿です。
9月の後期授業が始まる直前、2013年以来10年ぶりとなるゼミ合宿に行ってきました。
8年ぶりにゼミを再開したのが2020年。それから今年までコロナが猛威を振るう中なので合宿はできませんでした。ゼミ再開以来実に初となる合宿でした。
幸い全員元気で長野県上田駅に集合し上田市立博物館見学。その後松本に移動し浅間温泉に宿泊。翌日は、旧制高等学校記念館を見学して正午近くに解散しました。飲み会では深夜まで語らい会ったことは言うまでもありません。
ラグビー部の合宿最終日に応援に行ってきました
8月最後の日曜日は、ラグビー部の夏合宿の最終日でした。練習試合として関西大学戦が予定されており、自家用車を飛ばして菅平に応援に出かけてきました。
Aチームの試合をみて、Bチームの試合の前半の途中で帰ってきました。チーム全体の雰囲気はとても良く、声も良く出ており、明るく、身体もしっかり動いていました。合宿の成果だと思います。試合の方はAチームは、36-40で惜敗し、残念な結果となりました。Bチームも31-32で惜敗だったようです。Aチームですが、立ち上がりはよく動き、前半は24-19とリードして終えたのですが、後半に逆転を許しました。幸いのことに大きく崩れたことはありませんでした。ただ、課題としては、自陣での反則とミスです。これはすぐに失点に繋がりました。それとAもBも、接戦を勝ちきることができないのは反省と修正が必要だと思いました。リーグ戦初戦は、9月9日・札幌の月寒競技場での対流通経済大学戦です。残り2週間、プレーの精度を修正するなどして臨んでほしいと思っています(写真は白のユニフォームが我が大東文化大学です)。
23年度後期を目前に前期の講義を振り返る

23年度後期の開始を目前にして、前期の講義を振り返ってみます。今年度の前期講義は、「教育史1」と「教育学概論1」を2コマ担当しました。「ゼミ」と「基礎演習2」もありましたが、ここでは講義科目に絞ります。「教育史1」は教育学科(一部他学科生含む)の3・4年生中心に70名、必修の「教育学概論1」は教育学科1年生全員を中心に、再履修生若干名を含めて2コマ合計150名程度でした。

「教育史1」では近世社会における教育機関(藩校・寺子屋等)や民衆の読み書き能力等について講義し、明治以降の近代市民社会形成を目指す教育と、天皇制公教育への変質を、地域や学校設立・就学を入れながら講義しました。毎回学生諸君にはリアクションペーパを書いてもらっています。これがとても面白く勉強になります。1872年の「学制」を講義した際には「いまだに『学制序文』が誰の手になるのかがわからない」ことに驚きがありました。

「教育学概論1」ですが、実は久しぶりの担当でした(2020年にオンラインで担当)。対面型では、5年ぶりになります。講義の構想段階で悩んだ挙げ句、「1年生が中心なので、現実の日本の教育で起こっている問題を積極的に採り上げそれを教育学的に解説する」という方式を採用しました。教育のもつ問題のむずかしさと、それにも関わらず、学生諸君が教育(学)へ関心をもち続け、今後の教育学勉強に役立ててほしいと思うからです。親子関係・虐待・いじめ問題・貧困問題・発達障がい・子どもの権利、等々の問題を、時にはビデオで、時には新聞記事で解説してきました。その時々に私の勉強の量も相当でした。終えた今、寂しさとホッとした安心感に浸っています。

毎回のリアクションペーパですが、これがとても学生諸君の成長を感じさせるものでした。講義の初期には「自分が教師になったら・・」という記述が目立ち、とても安易に「教師や個人の努力で問題が解決できる」としていたスタンスも、次第に「個人の努力だけではなく、社会の仕組み・社会の変革に繋がる個人の努力」という視点に変わって言ったように思います。例えば「貧困問題」などでは、「政府による予算配分(防衛費の倍増計画)の見直しを鋭く迫る」意見もありました。

私が担当する「教育学概論」は「1」だけですので、1年生諸君とはこれでお別れです。2年時は講義を担当しませんので私が定年を迎える最終年度(まで無事私が務めれば)に3年生としてお会いすることになります。そのことを伝えた7月の最終回の講義で、学生諸君から拍手を頂戴したことは忘れられない思い出となりました。今年度9月以降の後期は「ゼミ」と「基礎演習2」だけになりますが、頑張りたいと決意を新たにしています。

 

 

今後の研究と研究課題について思う。

既に報告したように、3本の論文を終え、私にとっては2冊目の単著となる著書の出版社に渡す原稿も終え、今年度前期の成績も無事終えて、今は夏休みをエンジョイしている。その解放感の中で、今後の研究と研究研究課題について考えてみた。

出版社に渡す原稿を推敲している中で、今後の課題を考え続けてきた。最低二つの課題がある。
第一は、森文政とその歴史的意義に関する研究である。既に一定の蓄積をもつ森有礼個人と森文政に関する研究であるが、私は私の視点からアプローチしたいと考える。「諸学校通則」第一条適用に関する中学校・高等中学校研究を終えた今、森文政をどのように評価できるかという点である。これまで収集した史料を軸にして、かつ当然ながら森個人研究まで視野を広げながら、森文政研究に挑戦したい。
第二は、中等教育が提供してきた教養論に関する研究である。私は、ゼミ生諸君と永年、『きけわだつみの声』を読み、分析してきた。その中で『きけわだつみの声』の登場者たち・戦没学徒兵たちの手記にある軍隊批判に特に注目してきた。「かれらは何故軍隊批判ができたのか」・「その教養の根の部分にあるのは何か」・「当時の学校教育が提供してきた教養とは何か」を考え続けてきた。しかし、なかなか回答が得られない。視点を変える必要があるかもしれない。そう思ったのは次の加藤周一氏の指摘である。
加藤は戦争直後の1948年に書いた論文「きけわだつみのこえ」において「軍隊に対する批判は、みつけられれば殺される環境で、書かれたにも拘わらず、十分に手厳しいし、之ほどはっきりと批判することのできなかった大部分の兵隊の心の底にも同じ気持ちが動いていたということを忘れてはならないだろう。しかし、戦争に対する批判は、必ずしもきびしくはなかったということも忘れてはならない。」と述べている。
さらに続けて「日本の学生達が死地に赴いたのは、勿論強制されたからであるが、単に聖戦というような空虚な標語が彼らを動したのではなく、倫理的な力が彼らを動かしたのだとおもう。勇気、自己犠牲、克己の精神(中略)よく戦った兵士は、りっぱな人間であった。しかし、そのようなりっぱさ、個人的、倫理的な精神のつよさは、戦争という社会的な現象の本質をみきわめるためには役立なかったのである。戦争はりっぱな青年から先に殺す、戦争挑発者は美徳を動員する。」と指摘する(加藤周一「きけわだつみのこえ」東大協同組合出版部『わだつみのこえに応える日本の良心』1950年、pp85~86)。この加藤の指摘は、戦没学徒兵の教養分析について、重要な視点を提供している。それはすなわち、「勇気、自己犠牲、克己の精神」という「倫理的な力」が、近代日本において、なぜ、どのようにして彼らを動かしえたのかという視点である。これについては、重要な研究の視点・今後の課題となる。

私がこの第二の問題に拘りたいと思うのは、課題の現実性(アクチュアリティ)である。現代の日本は確実に「新たな戦前」の時代を迎えていると私は思う。その時代にあって、戦争へと突入してしまった戦前日本において、「軍隊批判」に留まり「戦争批判」に辿り付けなかった教養とは何かを厳しく検証する必要がある。そして今の時代の教養のあり方について再度考えてみたいのである。

3本の論文が完成しました。

大変ご無沙汰しております。酷暑の夏ですが、いかがお過ごしでしょうか。お蔭様をもちまして、小生も家族も元気で過ごしております。漸く、このHPに記入できるような「余裕」が出来ましたので御報告させて頂きます。既に、本HPの「研究活動」欄にて御報告したとおり、昨年から今年にかけて、3本の論文を執筆してきました。昨年の夏からかかりほぼ半年をかけてまとめました。それが活字になりましので御報告します。私の前著では、諸学校通則第一条に基づく「府県管理中学校」を研究対象とした博士論文でしたが、その中では、本来その対象として文部大臣管理の高等中学校という学校(鹿児島と山口にある)を対象とすべきでした。しかし「県管理」ではなく文部大臣管理であることと、「中学校」ではなく高等中学校であること、から対象を外しました。1996年頃から両校を研究対象の視野に入れ調査を始めました。対象は先ず山口にしました(写真上の右論文)。その調査を継続し、そろそろ論文としてまとめようとした時、山口高等中学校設立母胎である「防長教育会」の基礎資料を網羅する『忠愛公伝』なる史料と出会い、さらに『私立防長教育会関係山口高等中学校一件』なる基礎史料群と出会いしました。「これを分析し駆使しないでの論文化はありえない」と判断し、更に時間を要しました。幸い、2014年度には勤務先の大学から一年間の国内留学制度を受け、時間ができました。ここで、鹿児島の調査と論文化、山口の史料分析をすすめました。こうして鹿児島と山口の集中した論文化が進んだわけです。

この年度には鹿児島調査は勿論、もう一つ気になっていた徴兵令認定中学校の分析に着手し、まとまった史料の期待できる長崎県立大村高等学校(前身は大村中学校)の史料調査に入りました。その後時間のある時に分析をすすめ論文化に至ったわけです。現在、この3本の論文を含むこれまでの研究成果をまとめて一冊の著書にすべくまとめに入っています。近く刊行できましたら再度御案内させて頂きます。著書のまとめもできました。出版社と相談して『明治前期の国家と地域教育』と題して著書にします(表紙は写真下)。

長い時間がかかりましたが、この時間は必要だったと思っています。学会や研究会の代表を務め、勤務先では学科主任や学部長・ラグビー部部長の要職を務めてきましたが、この忙しさの中では時間が必要でした。近年、学問研究の速効性が声高く言われていますが、私は反対です。時間をかけてもしっかりした分析に基づく研究が必要だと実感しているからです。

 

2023年度の荒井ゼミがスタートしました。

2023年度の荒井ゼミです。新3年生8人でスタートしました。2回のオリエンテーションを終え、徐々に走り出していきます。どうぞよろしくお願いします。

2022年4月から2023年3月までの研究活動

2022年4月から2023年3月までの、一年間の研究活動報告です。なんとか恥ずかしく無い報告ができます。

(1)以下の3本の論文をまとめました。

①9月締切りの『大東文化大学紀要』に「防長教育会の歴史的性格に関する一考察」と題する論文をまとめました。2023年3月刊行となります。

②2023年1月締切りの『中等教育史研究』に「文部大臣管理山口高等中学校の『管理』をめぐる一考察」をまとめました。2023年5月刊行となります。

※上記の2論文は、20年以上の年月をかけての論文となりました。

③2023年2月締切りの『地方教育史研究』に「私立尋常大村中学校の設立と性格に関する一考察─徴兵令認定中学校の性格に関する一断面─」をまとめました。2023年5月刊行になります。

※この論文の執筆にあたって、最初に対象校の現在校である大村高等学校に調査に入ったのは8年前でした。

(2)史料調査旅行報告。

①4月14日から16日までと8月17日から19日まで。山口県立図書館・文書館調査。上記論文①②に結実した史料の最終調査でした。

②5月31日から6月3日までと2023年2月1日から3日まで。長崎県立図書館・文書館調査。上記論文③に結実した史料の調査です。

③6月30日から7月1日まで。長野県文書館での史料調査と満蒙開拓義勇軍の展示をみてきました。

④10月20日から22日まで。奈良県立図書情報館での史料調査。私の本を読んで下さった方から吉野尋常中学校に関する貴重な情報を提供して頂きました。その情報を得ての調査です。

⑤2023年3月2日から4日まで。香川県立図書館での史料調査。

(3)学会活動。

①9月の教育史学会大会から『日本の教育史学』第66集編集委員長を仰せつかり、現在慎重に投稿論文審査をすすめています。

②5月20日に北海道・札幌で開催された中等教育史研究会と、続く21日・22日にこれも札幌市内で開催された全国地方教育史学会大会に参加してきました。

③9月24日開催の教育史学会大会(於・埼玉大学主催・ズーム)に参加しました。

④11月5日開催の中等教育史研究会(於・大東文化会館)に参加しました。

⑤9月5日と2月5日に開催された就学史研究会に参加しました。

以上が2022年度の研究報告となります。

今年もよろしくお願いします。新年最初で今年度最後のゼミです。
新年の御挨拶が大変遅れましたが、あらためまして明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。
昨年は、「平和であるということはどういうことてのか」を深く考えさせられた年でした。政治の舞台から「外交努力」「憲法の理念」が消え「軍拡」「敵基地先制攻撃」の言葉だけが聞こえてきます。このことについては別項で考えたいと思っています。
さて、年が明けて、授業も始まり、ゼミも昨日が新年最初で今年度最後のゼミでした。今年度は4年生3人というやや寂しいゼミでしたが、昨日はゼミで学んだこと・4年間大学の教育学科で学んだことをそれぞれ総括しました。
苦しい思いをして取り組んだ卒論を見事に完成した彼らは本当に立派だと思います(写真は卒論を手にした4年生です)。厳しい口頭諮問が待ち受けています。
ゼミでは、少ない人数だからこその可能となった充実した討論と、論点の深まりがあったことは大きな収穫です。4月からそれぞれ自分の人生に向かって旅立っていきます。励ましていきたいと考えます。(写真は、12月に完成し、提出した卒論を手にする4年生たちです。)
2月には新しくゼミに入ってくる新3年生8人との顔合わせ会があり、3月には送別会があります。もう少しだけおつきあいする4年生たちです。
1 2 3 4 5 6 10