演習

第9回荒井ゼミ活動報告

はじめまして。荒井ゼミの高橋良汰と申します。11月9日に行われた第9回荒井ゼミの活動報告を致します。

今週から3週間に分けて各自のゼミ論文の進捗状況を報告する中間発表会が始まりました。第1回目の今回はゼミ長の名倉さんと副ゼミ長の阿部さんの発表でした。

今回からゼミ論の中間発表が始まるとのことで荒井ゼミでは初のzoomでビデオをオンにするよう先生から指示があり参加したゼミ生は皆顔を出してゼミに参加しました。直前に指示があったこともありゼミ生全員が顔を出すことはできなかったものの先週までのゼミとは違い私は緊張感を感じました。
他のゼミは対面で行われていたり、既に顔出しが必須で行われていたりする中、荒井ゼミは今回から変更されたので顔を出しながらのゼミ生の討論も実現すると面白くなるのではと思いました。
以上で第9回荒井ゼミの活動報告を終了させていただきます。

11月2日 第8回荒井ゼミ活動報告

 はじめまして。荒井ゼミの磯﨑未奈と申します。11月2日に行われた第8回荒井ゼミの活動報告を致します。
 今回は、各自が「コロナ」問題についての参考文献等を読み、意見をまとめてから討論に参加しました。参考文献等は決められたものではなく、個人の関心に沿ったものを読んだので、様々な角度から意見が出ました。
 はじめに、ゼミ長からコロナ禍の教育格差問題についての意見が出されました。そして、話題は2018年に文部科学省が発表した遠隔授業の推進に向けた施策、2019年に文部科学省が発表したGIGAスクール構想へと発展しました。このGIGAスクール構想の討論は大いに盛り上がり、実施して欲しくないという意見や、教職など専門の職業の資格を目指している学生が受講する講義は対面の方が良いという意見が出ました。
 自粛警察の話が出た際には、荒井先生から「家にいて暇だから他人をバッシングするのか」という問題が投げかけられました。この問題には、暇だからではなく、外に出られないストレスからバッシングをしてしまうという意見や、経済的に余裕が無い人がバッシングしているという意見が出ました。
 討論の最後には、荒井先生からスポーツや芸術活動は現在抑圧されているが、これらを大事にして社会を再建すべきという意見が出されました。
 討論は今回をもって一旦休止とし、次週から3週続けて各自のゼミ論文のテーマ報告が始まります。文章講座で学んだことを生かし、レポートを書きたいと思います。
 以上で、第8回荒井ゼミの活動報告を終了させていただきます。

10月18日、26日 第6回、第7回荒井ゼミ活動報告

 はじめまして。荒井ゼミの坪井翼と申します。今回は10月18日、26日に行われた第六回、第七回荒井ゼミ活動報告を致します。
 今回は二週にわたって第四回のゼミで行われた荒井先生の文章講座で学んだことを生かして、ゼミ生が400字程度の作文を書き、それの読み合わせをした後、文章についての意見交換を行いました。
 意見として多く出てきたのは口語表現が使われているということでした。例えば、「ここまで長くやっていると・・・」「こういう学生は・・・」「保護者の方とも・・・」というものが該当します。注意しているつもりでも無意識のうちに口語表現を使っていたというのが多くありました。私の作文も約500字のうち、3つほど口語表現を使っていたので、今後は口語表現を無くすことができるように、より注意を払って文章を書きたいと思います。
 その他にも、段落と段落のつながりや、最後に文字数を添えること、助詞の使い方、句点の打ちどころなど、基本の再確認からかなり細かいところまで幅広く議論しました。学校生活の中で文章表現を他者と細かく確認する経験は無かったので、とても有意義な時間でした。
 文章講座を経てゼミ生の書く力は格段に伸びたと思います。次回の討論を挟み、11月中旬から自分の主張を豊かに表現することを目標にゼミ論文のテーマ発表が順次行われるので、文章講座で学んだことを生かしてレポートを書いていきたいと思います。
 以上で第6回、第7回荒井ゼミ活動報告とさせていただきます。

10月12日 第5回荒井ゼミ活動報告

 はじめまして。荒井ゼミ生の星野凌摩と申します。数年ぶりに荒井ゼミが始まり、先輩がいらっしゃらない状況かつ、コロナ禍によって前期から今にかけて普通とはかけ離れた形式でゼミ活動を行っており、大変ではありますが日々楽しんで活動しています。
 今回以降、ゼミでは少々活動のスタンスを変えていく事となりました。後期の一通りの予定はやりつつも、当初よりも討論の機会を増やすという事でゼミ生間の意見が一致したため、より濃密な活動が出来るのではないかと考えています。
今回は、予定にはなかった討論を早速取り入れる事にしました。テーマは、「学校における諸問題」です。例えば、校則についての討論では、その内容の善し悪しというよりも、その根底にある、学校が子どもを「揃えさせる」姿勢に対する考え方に重点を置いて、様々な意見を出し合いました。そこには、揃えさせる事によって団結感などを感じさせるのではないかという意見や、今日では多様性や個性が認められるべきであり、揃えさせる取り組みは時代錯誤ではないかという意見など、賛否両論でした。
 教師の授業へ向き合う姿勢の在り方や、コロナ禍によって主流となったオンライン授業やオンデマンドについての考えをぶつけ合う際には、ある人の意見にある人が真っ向から対立する様子が多々見られ、以前から比べてより討論らしくなり、ゼミの活動として充実してきたのではないかと考えています。この他にも、学校内のブラックな一面や、時間を守る=良い子とされる風潮など、様々な学校の諸問題について触れましたが、どれも白熱した討論となりました。
 このご時世のため、ゼミ生と直に会うことが出来ず親睦をなかなか深められない状況ではありますが、討論や時間外のフリートークを通じて、肩の力が抜けてきたように思います。前述したように、今後は討論の機会が増えると思われますので、オンライン上でのゼミの活動を引き続き模索していきたいと思います。以上で、第5回の荒井ゼミの活動報告とさせていただきます。

10月5日 第4回荒井ゼミ活動報告 

 はじめまして。荒井ゼミの馬場朝日と申します。10月5日に行われた第4回荒井ゼミの活動報告を致します。
 今回は、前期のオンライン型講義で浮き彫りとなった、ゼミ生のレポート作成力についての講評と今後のレポート作成力を上げるための文章講座でした。荒井先生が半期を通して、ゼミ生のレポートを見た中で思った共通する長所は、「学んだ」「初めて知った」ということが率直に書かれていた点と自分の体験や経験に即して、素直に意見が表明されていた点でした。反対に、共通する短所は、固有名詞の誤りや誤字脱字などの基本的なことのほかに、文章に見出しをつけることや内容ごとに適切な段落に区分することが挙げられました。このような文章の誤りを一つ一つ例文で確認していきました。また、文末表現に気を付けること、口語表現を使用しないこと、「子ども」を「子供」と表記するような差別用語に注意することなども挙げられました。
 講義の後半では、文章を作成する上での技術を教わりました。文章を書く前に「なんのために」「なにを」「どのように」を必死に考えて書くことが大切だということや、題名はなるべくシンプルなものにすることなど文章作成の技術をレクチャーしていただきました。例文の間違っている点を指摘するという問題では、ゼミ生のみんなが苦戦していたように思いました。荒井先生が過去にしてしまった誤字の例で、「忘年会」の招待状を「亡念会」と打ち間違えて出してしまい、「そんな霊の出そうな会は行きたくない。」と言われてしまった話はとても印象的でした。
 今回の文章講座はとても意味のある時間になったと思います。文章を書く上での基本的なことから、どうしたらより文章の技術が向上するかなど大切なことをたくさん教えていただきました。初心に帰り、文章の基本的なことからもう一度見直し、質の高い文章を書ける力をこのゼミで手に入れたいと考えるきっかけとなりました。
 以上で第4回荒井ゼミの活動報告を終了させていただきます。

9月28日 後期第3回ゼミ活動報告

 はじめまして。荒井ゼミの志賀百香と申します。9月28日に行われた第3回荒井ゼミの活動をご報告致します。
 第3回は、2つの討論点をもとに連帯責任について討論を行いました。1点目は、成人に達した子どもの社会的犯罪に対して、親は、社会に対する責任という意味で、責任を負うべきかいなか。また、その根拠は何か。2点目は、男子ソフトテニス部の部員の1人が携帯電話を校内に持ち込んだことにより、全部員7人が連帯責任として顧問の男性教諭から頭を丸刈りにされた事件の関連新聞記事を読み、ここでの生徒たちの「連帯責任」を問う行動様式と校長や教師の判断、さらにはそれに対して批判的なコメントをどのように考えるか。さらにスポーツ界に支配的である「連帯責任」を問う考え方をどのように捉えるべきだと思うか。
 1点目については、法的責任と道義的責任の2つの視点から討論を行い、成人に達した子どもの場合は、親が社会的責任を負う必要はないという意見が多く出てきました。討論を進める中で世間からの圧力により親が責任を果たさざる負えない状況となっているのではないかという新たな論点が出てきたことにより、親が仕事を辞職・辞任せず責任を負わないことが容易ではない社会の姿が見えてきました。
 2点目については、見せしめとしての連帯責任と個人を際立たせない連帯責任の2つの視点から討論を行い、自らの連帯責任の経験を踏まえて意見を出し合いました。一概に連帯責任が悪いとは言い切れないのではないかという新たな論点から、話し合いによる自主的な連帯責任に対しての認識を深めることができました。
 今後もこのような討論を重ね、ゼミ生全員で豊かな討論力の育成に向けて精進して参ります。
 以上、略儀ではございますが、活動のご報告とさせていただきます。

9月21日 後期第2回ゼミ活動報告

 はじめまして。荒井ゼミの副ゼミ長の阿部恵大です。9月21日に行われた第2回目の荒井ゼミの活動報告をさせていただきます。
 前回の後期初回のゼミはチュートリアル的な内容となっていました。また前期はZoomによるゼミではなくゼミ専用のホームページを使って情報共有をするという形で行われていました。ですので文献を用い、それをもとに各々の声でリアルタイムの討論をするのは今回の後期第2回目が初めてです。そのため、後期第2回目のゼミではありながら、ある意味で初めてのゼミ活動であると言えます。そんな初めての本格的なゼミ活動では、苅谷剛彦さんの『アメリカの大学.ニッポンの大学』という文献の「TAによる大学の授業」という部分に焦点を当て、それを読みどのように考えたのか、またどのような感想を持ったのかについて共有し合い、日本の大学とアメリカの大学の違いや日本の大学の勉強スタイルの弱点などについて話し合いました。
 話し合いの内容は様々でしたが、その中で盛り上がったと感じたのが1・2年生のときにそれぞれどのような学習を経験したのかについての情報共有でした。特に基礎演習の話が中心で、それぞれが受けた基礎演習がどのような内容であったのか、また学生たちは積極的に参加をしていたのかなどについての情報を共有しました。そしてその話が発展して日本の大学生の学習における非積極性についての話となり、何を目的に大学を通うのかというような日本の大学生が大学に通う意味について就職活動や日本の社会的背景を踏まえながら意見を出し合い討論をしました。今回は解決策を出すということではなく、それぞれが何を感じ、どのように考えたのかについて率直な意見を出し合い、文献に対してだけではなく他の人の意見に対しても「なぜ」や「どうして」というような疑問を持つ力を鍛えることができたのではないかと私は考えました。
 正直ゼミ生同士お互いについてほとんど知りません。そのため討論もまだ満足できるような形にはなっていません。しかし今後はリアルタイムでちゃんとお互いの意見を「声」で聞くことができるので少しずつゼミが成長することができるのではないでしょうか。以上で9月21日に行われた後期第2回ゼミ活動報告を終わりにします。

9月14日、後期第1回目の荒井ゼミを開催しました。

 こんにちは。新体制荒井ゼミのゼミ長に就任いたしました名倉令と申します。新井ゼミの中核を担う役職(ゼミ長、副ゼミ長、ホームページ担当)の決定が大幅に遅れてしまい、7月末にようやく生徒主体の荒井ゼミがスタートしました。それに伴い、前期のゼミ活動報告が出来なかったことについてお詫び申し上げます。後期に関しては毎週、ゼミ活動報告を行なっていきますので暖かい目で見守ってくださると幸いです。
 さて、後期第1回目のゼミが9月14日にzoomを使用し、オンライン上で開催されたわけですが、ゼミ生全員の声を聞いたのはなんと2月の初顔合わせ以来でした。前期はゼミ生のインターネット回線事情を考慮してzoomの使用を控え、ゼミ専用のホームページでの活動を行っていたためほぼ半年ぶりの再会ということになります。第1回目のゼミでは主に今後の進行予定の確認と、前期のオンライン授業・ゼミを通じて各個人、どんな感想をもったかの情報共有をしました。情報共有をする中で、多く見られた意見として授業全般に関しては、毎週の課題が多く、アルバイトや副免許といった資格取得の勉強等の両立がとても厳しかった。ゼミに関しては、こちらのホームページを活用しながら議論を深めることが主体だったため、自分の書いた意見とは違う解釈をされた場合にすぐに返答が出来ないことが不便だった。ゼミ全体のモチベーションの維持が難しく、ひとつの議題に対しての意見を深めるといった作業が雑なものになってしまい、不完全燃焼だったという感想が見られました。今回発議されたゼミの不満を解消するべく、荒井ゼミではゼミの後に自由参加のフリートークの時間を設け、さらに討論をしたい人や、ゼミ論文に向けてのアドバイスが欲しいといった疑問を気軽に話せる環境を整えることを決定しました。ゼミ長としては、この時間を利用して個人企画の討論や、ゼミ生同士が親しくなれるような時間に充てるなど、有効的に活用していきたいと考えております。
 最後になりますが、現2回生は既にゼミの選択時期に差し掛かっております。荒井ゼミでも新規メンバー獲得のために、荒井先生によるオンライン上でのゼミ説明会や、私と副ゼミ長が主体となってゼミ紹介動画を作成するなど鋭意努力中です!たくさんのゼミ生を交えた討論も個人的には楽しそうだなと考えているので、今から新規メンバーの加入が楽しみでなりません。それまでによそよそしい今の関係から、 全員と小話ができるぐらいには仲良くなれたらいいなと思います。少し長くなってしまいましたが、本日はこの辺で筆を置かせていただきます。お付き合いいただきありがとうございました。 名倉令

7年ぶりのゼミ再開・2020年度荒井ゼミ第一回

7年ぶりとなる新・荒井ゼミ。2020年度第一回「顔合わせ会」が開催されました。9名の3年生全員が集合し、自己紹介・今後の方針を交流しました。

緊張した中でもしだいに和らいでいきました。ゼミの活動の様子はこのHPの「演習」「研究指導」「学生ブログ」で発信していきます。

これからどうぞよろしくお願いします。

2020年度より新・荒井ゼミがスタートします。

2020年の4月から新・荒井ゼミがスタートします。2014年3月に閉鎖して以来、7年ぶりのゼミです。現在(2019年10月)ゼミ希望者の選考中です。やがてメンバーが確定すると思います。このページで、演習について報告します。前の荒井ゼミは1992年度~2013年度までの22年間でした。厳しく充実したゼミでした。新・荒井ゼミでは、今までに負けないくらいの「楽しく、かつ厳しいゼミ」を目指します。予定ですが、ゼミメンバーの確定次第「顔あわせ会」を実施します。そこからスタートです。3月に本格的に始め、4月には軌道に乗っていることと思います。これからいろいろ報告が始まりますが、どうぞよろしくお願いします。