荒井明夫ブログ

2018年度教育学科卒業詔書授与式での学科主任挨拶

2019年3月20日、大東文化大学・教育学科での卒業詔書授与式で主任として挨拶しました。

卒業生のみなさん。御卒業おめでとうございます。みなさんの卒業をお祝いしてひとこと御挨拶します。

 大東文化大学の教育学科での学びを通じて、みなさんは、自分を大きく成長させることができたでしょうか。卒業のお祝いを機に、この点を深く掘り下げてほしいと思います。なぜならば、みなさんがこれから出て行く社会は非常に厳しい社会です。その厳しさに負けないためには、自分の長所と弱点をしっかりみつめることが大切だと思うからです。
 今日本の社会は厳しい社会だといいました。その意味はこうです。みなさんはこの大学に2015年に入学し、今年卒業されます。この間に何があったか。みなさんが大学に入学された2015年には集団的自衛権の行使を可能とし、海外で他国軍を後方支援することができる安保法制が成立しました。日本は「戦争しない国」から「戦争ができる国」にこの国の基本的なかたちを変えました。また、昨年は「テロ等の対策」という名目で共謀罪が成立しました。
 戦後の日本社会の根幹ともいうべき「平和・人権」が根底から覆されようとしています。
 こうした一連の流れをみる時、近代日本の歴史の流れである治安維持法からアジア太平洋戦争へと流れていく、その道筋を重ねてみることができます。
 教育の歴史を紐解くと、戦争への道を辿る際に、教育が常に先陣を務めてきたことも浮かび上がってきます。翻って、今日の教育を観る時、異なる存在である他者を受け止めない「いじめ」があり、虐待・体罰という「教育の名の下での暴力」が、残念ながら横行しています。
 卒業されていく教育学科の卒業生のみなさん。みなさんがこれから活躍される社会はこうした社会なのです。決して平和とはいえない現代社会においてどのように生きていくか、そのことが厳しく問われることと思います。「どのように生きるか」に対してお一人お一人の回答があると思います。こうした問いに対し、教職に付く人もそうでない人も大学での学びを続ける中で回答を示してほしいと思います。そして教育を暴力ではなく、希望ある営みとして取り組んでほしいと思います。「どう生きるのか」という厳しい問いかけに対し、みなさん一人一人が厳しく問いかけ、学び続け、あなたたちらしい回答を行動で示してほしいと願っています。
 これからの御健闘をお祈りしてお別れの言葉とします。
2019年・年頭によせて

新年明けましておめでとうございます。今年もこのブログを読みに来て下さった方にとってよい年となることをお祈りしています。

昨年は、一昨年からの主任業務を継続し忙しい年でした。今年は2020年3月までの任期の、事実上の最終年度になります。もう一息、頑張りたいと思います。

昨年プライベートでは10月に母を失いました。昨年の正月に元気で我が家に遊びに来たことを思うと、なんとも胸が痛みます。今年はまずは私も含めて家族一同の健康と幸福を願わざるをえませんし、そのために努力したいと考えます。

ところで、今年は日本国憲法が正念場を迎えることと思います。安倍亡国政権が躍起になっている憲法「改正」問題。今年は改憲勢力が発議してくるように思えます。それを阻止しなければなりません。そのためにも、学生諸君の歴史認識にしっかり向かい合う努力をしたいと思います。注意すべきことは、単なる情報としての史実の提供ではなく、学生諸君が自分なりに取捨選択して知識を活用できるすることだと考えています。教育史は特にそうした教育史認識が求められると思います。
次に研究面ですが、昨年はしっかりした論文を生産することのでき無かった年でした。今年は、しっかりした論文を2~3本書き上げたいと決意しています。
(1)長年の課題である嘗てのゼミの学生諸君との共著を刊行することです。
(2)山口県の中等教育史関係論文を2~3本まとめたいと思っています。
ともあれ、硬直してしまっては元も子もありませんので、毎日を大切にして充実した日々を過ごすように心がけたいと考えています。そのためには好きな文学書や音楽との付き合いを大切にして、このブログで様々な発信をできたらよいなと思っています。今年もどうぞよろしくお願いします。
政治家・官僚のモラル欠如を斬る

今年は特に政治家たち・官僚のモラル欠如が目立った。尤も「今に始まったことではない」のだが。

   まずは安倍首相。森友・加計学園問題での国政私物化発言はモラル欠如の最たるもの。次いで麻生副総理の「セクハラという罪は無い」発言。罪があろうがなかろうがセクハラという事実そのものを問うべきであったはずなのに「身内」を庇う姿勢にモラル欠如をみる。
    同様に人間観を疑った発言が杉田水脈衆院議員の発言。月刊誌にLGBT(性的少数者)のカップルが「子どもを作らない、つまり生産性がない」と攻撃し、行政支援への必要性を否定する見解を示す論考を寄稿した。人間を「生産性」という視点でしか捉えることのできないおぞましい人間観に、しかもそれが一国の政治家から発せられたことに驚きと怒りを感じるのは私だけではあるまい。
 さらに驚くべきは、政府と自民党執行部の杉田発言への対応だ。菅義偉官房長官は「国会議員の発言の一つひとつに、政府の立場でコメントできない」と不問に伏した。政府はこの暴言にコメントせずでよいのか。自民党はといえば、二階幹事長が「人それぞれ政治的立場はもとより、いろんな人生観もあ」ると庇っている。谷川とむ衆院議員も同性愛を「趣味みたい」と発言。暴言のオンパレードだ。まさに自由暴言党である。
 こうした人間観の奥底に、一昨年の相模原・やまゆり園の障がい者殺傷事件の被告と通じる人間観を見る。彼らが、政治家としてこの国の「まつりごと」を動かしている事実を考えると、人間性を否定する全体主義ファシズムがこの国を支配しているのではないかとさえ感じるのである。このままではまたしても支持率低下を招きかねないと心配した安倍首相は「人権が尊重され、多様性が尊重される社会を目指すのは当然」と語ったが、だったらせめて二人の議員に対し、総裁として厳重注意ぐらいしたらどうか。
 他方で、官僚の無責任さ・モラル欠如も相変わらずだった。森友問題での佐川財務局長(当時)の国権の最高機関である国会を舞台に堂々の「虚偽答弁」に官僚の底無しの腐敗を見た思いであるが、安倍総理夫人の責任追及の矛先を交わすために、当時の夫人付秘書官谷氏を海外に逃亡させる周到さにも呆れた。
 そして、我が文部科学省の腐敗・堕落。最早、文部堕落省というべきか。東京医科大学の裏口入学問題で科学技術・学術政策局長の佐野太被告が逮捕されたのに続き、国際統括官の川端和明容疑者も贈賄容疑でた逮捕された。しかも一連の報道を総合すると、同省の腐敗はこれに止まらないようである。文部科学省は、文部堕落省に陥った感がある。
今年から全国の小学校で「道徳」が教科化されたが、本当に「道徳」が必要なのはこの省の役人のではないか。同省改革の「必修」モデルとして全職員の「道徳」の受講を呼びかけたいものである。政治家・官僚のモラル欠如・人間観の問題は、この国の有権者の資質を結果的に問いて
いるように思えてならない。選ぶべき人間を選びたいものである。
母の死

去る10月5日、闘病中の母が亡くなりました。享年91歳でした。

前日までとても元気でした。闘病中とは言っても骨折でしたので死に至る病では無かったため本人はもちろん、私たちも、余りに急なことで受け止めきれていません。

母は、昭和2年に生まれ青春時代を戦時下に過ごし、敗戦直後は地下鉄の数少ない女性職員として働き、昭和24年に父と結婚しました。

その父とともに早朝から深夜まで働きながら私たち3人の子どもを育ててくれました。とても働き者で、朝はヤクルトの配達、夕方から魚屋でパートの店員を務めていました。そのため、私たち家族の夕食はいつも午後8時ころからとっていました。

晩年は、9人の孫と、6人の曾孫たちと会うことを楽しみに、温泉や芝居に出かけることを楽しんで、充実した生活を送っていました。自分のこと以上に他人の世話を、ついついやいてしまう母でしたので、子ども・孫・曾孫へも多くの愛情を注いでくれました。

私が教育史研究に関わることになったのも母の影響が初発です。子どもの頃、博物館や歴史的名所に連れて行ってくれたり、テレビの歴史物語をよくみせてくれました。

昭和と平成の時代を生き抜いた母に感謝しつつ、母の偉大なる人生から学びたいと思っています。

中原中也記念館訪問

少し前ですが、西日本集中豪雨直前の、7月上旬、山口県文書館で史料調査したおり、好きな詩人である中原中也記念館に出かけてきました。帰りは、豪雨のため3時間列車に閉じ込められました。

下の写真は中原中也記念館入り口にある生誕碑です。

 

下の写真は記念館入口です。

下の写真は井上馨公園にある中也の詩碑です。

青桐会山形県支部・宮城県支部総会に出席

7月21日・22日の両日、青桐会山形県支部・宮城県支部総会に出席してきました。青桐会というのは、大東文化大学の現役学生の親御さんの組織です。

他の大学のことは存じ上げませんが、本学は一学年3500名規模です。この規模の大学で、親の組織を全国47都道府県で組織し、大学関係者が年に一回の総会に出席するというのは全国的にも珍しい例ではないでしょうか。

学生諸君の親御さんと直接お会いして学生生活の様子・大学への要望等を聴いてきました。

「運動部をしているが、勉強との両立が大変で部活動を辞めた学生が結構いるようだ。しっかり支援できないか?」「食堂の混雑が酷く、購買部でパン等を購入しているようだが栄養が心配」などいろいろなお話を聞くことができました。

一昨年が福井県支部、昨年は岩手県支部(昨年は秋田県支部は豪雨で中止)でした。親御さんのお気持ちを直接聞くことでこちらもリフレッシュできます。
山形県支部総会の前日に山形県入りし、県立図書館で調査、翌日早朝は蔵王・鳥兜山山頂に出かけてきました。少々厳しい日程でしたが、それなりに楽しめました。

写真は鳥兜山山頂です。

 

下の写真は、手前が蔵王温泉街、奥が上ノ山市街です。

 

涼を求めて日光へ

8月上旬、孫のはなちゃん・まほちゃんたちと涼を求めて日光へ。楽しんできました。

写真は日光・丸沼です。

 

写真下は、日光白根山頂からみた尾瀬・燧ヶ岳です。

 

フリッツ・ホルム陸軍大将「戦争を絶滅させること受合の法案」

「我等」(昭和4年1月号)に長谷川如是閑が紹介した、デンマークのフリッツ・ホルム陸軍大将の「戦争を絶滅させること受合いの法案」を紹介する。

長谷川如是閑いわく「何処の国でもこの法律を採用してこれを励行したら、どうしたって戦争は起こらないことを、牡丹餅判印で保証すると大将は力んでいる(後略)」

「戦争行為の開始後または宣戦布告の効力を生じたる後、十時間以内に、次の処置をとるべきこと。即ち左の各項に該当する者を最下級の兵卒として召集し、できるだけ早くこれを最前線に送り、敵の砲火の下に実戦に従わしむべし。

1、国家の元首。ただし君主たると大統領たるとを問わず。もっとも男子たること。2、国家の元首の男性親族にして十六歳に達せる者。3、総理大臣、及び各国務大臣、ならびに次官。4、国民によって選出されたる立法府の男性の代議士。ただし戦争に反対の投票をなしたる者はこれを除く。5、キリスト教または他の寺院の僧正、管長、その他高僧にして公然戦争に反対せざりし者。

上記の有資格者は、戦争継続中、兵卒として召集さるべきものにして、本人の年齢、健康状態を斟酌すべからず。ただし健康状態については召集後軍医官の検査を受けしむべし。上記の有資格者の妻、娘、姉妹等は戦争継続中、看護婦または使役婦として召集し、もっとも砲火に接近したる野戦病院に勤務せしむべし」

長谷川如是閑は「これは確かに名案だが、各国をしてこの法律案を採用せしめたるためには、も一つホルム大将に、『戦争を絶滅せること受合いの法律を採用させること受合いの法律案』を起草して貰わねばならぬ」と結んでいる。

抱腹絶倒のブラックパロディともいうべきか。この、デンマーク国のフリッツ・ホルム大将、実は長谷川如是閑の創作人物らしい。

安倍政権による改憲の現段階を危惧する

「戦後レジームからの脱却」を公言し、閣議決定により集団的自衛権の行使を認めるなど議会軽視(というよりは無視)も甚だしい安倍政権。「戦後レジームからの脱却」とは「日本国憲法体制の否定」であることが明らかになりつつある今日、「日本国憲法」体制の「空洞化」はどの程度進んだか、歴史的事実に照らして検証してみたい。「日本国憲法体制の空洞化」という既成事実の積み上げにより「空洞化」の今日をみる。

「戦争のできる・普通の国」づくりが安倍政権の目標であることは間違いない。だから、憲法九条が邪魔なのだ。戦争国家体制に向けてまず必要なことは、第一に、軍事情報の漏洩阻止である。戦時下の日本には、「軍機保護法」(1937年施行)「国防保安法」(1941年)があった。現在これに該当するものが「特定秘密保護法」(2014年施行)である。第二に、資源・労力の動員を可能とすること。これについては国家総動員法が該当するが、現在日本においてはこれに該当するものは未だ無い。但し、その一部は、自衛隊の「防衛出動時における物資の収用等に係る規定の整備」について「自衛隊法及び防衛庁の職員の給与等に関する法律の一部を改正する法律」(2003年施行)で可能となっている。第三に、治安維持法である。これは、悪名高い「共謀罪」で対応できるようになった。第四に、メディアの統制による「報道の自由」についても「共謀罪」で対応可能である。

 あらためて「共謀罪」が現代版治安維持法であることを深く把握する必要がある。
 こうした状況下にあって、あらためて改憲発議が時間の問題となるであろうことは想像に難く無い。改憲発議を許してはならないと強くおもうのである。
SNSと「いいね」を考える

SNSの登場は、世界・社会の様相を一変させた。巨大な動きを創り出す程に力をもつSNS。だが、それを操作する人間には大きな「落とし穴」があるように思えてならない。その「落とし穴」を考える。

2004年に設立された「フェイスブック」、2007年から始まった「ツイッター」(エヴァン・ウィリアムズとクリストファー・アイザック・ストーンが2007年4月に設立した「ツイッター社」を起点と考えて)。同じ頃、アップル社がiPhoneを発表する。

これらの世界的普及が社会を大きく変えた代表例として、チュニジアの露天商の青年が独裁政権に抗議して焼身自殺したことを契機に民主化を求める世論が一気に広がり、独裁政権を打倒した「ジャスミン革命」がある。この運動は国境を超えた。「アラブの春」をもたらしたのである。

限られた字数の中で、情報は瞬時に拡散し、それを見た他人がまた「いいね」と反応し、情報が拡散していく。劇場型の政治がそこに介入した時、「情報」が単純化して伝達されることをわれわれはみてきた。例えば「郵政民営化イエスかノーか」「前進にイエスかノーか」等々。

危惧するのは、われわれの判断力がそこに追いついているかどうかだ。じっくり考え、多様な選択肢がありえるにも関わらず「イエスかノーか」として単純化されることで、われわれの思考回路も単純化することをなによりも恐れるのだ。

じっくり考えて、物事の背後にある真実により謙虚になって眼を向けたいと考える日々である。